KABUOの東北歴史巡り

どーもKABUOといいます。地元山形を中心に東北各地や海外など旅してまわっています。各地で巡った地域の歴史や史跡などをご紹介してますのでぜひご覧ください

能代市 能代バスケミュージアムをご紹介!🏀

スポンサーリンク

どーもKABUOです。

 

秋田県能代市にあります

能代バスケミュージアム

訪れましたのでミュージアム

様子をご紹介します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

能代バスケミュージアムをご紹介!

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191215230138j:plain

 

開館時間 9:30-18:00

 

平成24年に開館されました

能代バスケミュージアム

 

国内・海外のバスケットボールの関連資料や

書籍、グッズが館内に並べられており

能代市の有名観光スポットとなっております。

 

 

能代バスケミュージアム

場所はこちらです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191215230738j:plain

 

能代市とバスケットボールの歴史ですが

加藤廣志監督が率いた

能代工業高校バスケ部から始まりました

 

1933(昭和8)年に創部されました。1967年(昭和42)年の埼玉国体で初優勝以来、全国高校選抜(春の選抜・ウインターカップ)、 全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、国民体育大会を通算して、計58回の全国制覇を成し遂げているバスケットボール名門チームとして、 全国に知られているチームです。

 加藤廣志監督は、平面バスケットボールをテーマに、オールコートのゾーンプレスからの速攻をチームの武器として、全国大会優勝を重ねました。 リバウンドやルーズボールの粘り強さ、泥臭いプレイスタイルのチームカラーは、幾多のバスケットボールファンを引きつけ、一時代を築き上げました。

 引き継がれた加藤三彦監督はスピード&コンビネーションをテーマとしてチームの育成に当たりました。平面バスケットボールを基盤に、速攻と3ポイントシュートを 組み合わせた戦術は能代工高ファンをさらに虜にしました。

(能代工業高校ホームページ引用)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191215230822j:plain

 

通算58回の優勝は驚異的な記録が残され

NBAで活躍された田臥勇太選手も

能代工業高校の出身です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191215234751j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191215231042j:plain

 

能代工業をモデルに漫画を執筆した事から

ミュージアムには井上雄彦先生の

スラムダンクに関連する資料も多く並び

バスケ好き以外にもアニメや漫画が

好きな方にも楽しめるようになっておりました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191215234213j:plain

 

古いバスケ資料もこんなに~!

 

自分がバスケをしていた

青春時代の雑誌を読み込み

 懐かしいがる来館者が

とても多いとお聞きしました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191215234524j:plain

 

日本のバスケットプレイヤー以外も

NBA選手の貴重なグッズも多く飾れており

とても見ごたえがありましたので

能代市に訪れましたら

ぜひ能代バスケミュージアム

訪れてみてください(´▽`)

 

以上

能代バスケミュージアム

ご紹介でした

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

  

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク